BLOGブログ

2017.01.25
TAKESHOSについて

こんにちは

今日はTAKESHOS ができた事について話そうかな。

話せば長くなるけど、せっかくだし。

僕の中では昔の話。

15歳の頃だったかな。

宮崎県の住吉中学校で野球をしてた。

偶然のタイミングで嬉しい出来事が起こった。

それは川崎宗則さんが作ったチーム(宗リンズ)ムネリンズと試合をすることになった事。

その時まで、僕は野球教室には行った事ない。

プロ野球選手に会った事がない。

実際あまり興味がなかったのが本音。

でも初めてプロ野球選手を目の前にした時に衝撃というか、すごいなと思った。

僕が野球教室で投げる時、必ず手を抜かない。

なぜなら僕が川崎宗則さんからそうしてもらって本気で嬉しかったし、プロの凄さというかそういうものを見せてもらったという経験。

そんなことなかなか見る事は出来ない。

ていうかまず中学生が打席でプロの本気の投球が見れることがない。

その時からもし僕がプロになったらこういうチームを作って、僕がそうしてもらったように次の世代の子供達の為に真剣に投げようと決めてやってきた。

だから僕は、そういう時も真剣に普段と変わらない投球をする。

そこはこれからも貫き通すつもり。

ムネさんにもその事報告したらかなり喜んでくれた。

一つの分岐点になった出来事とその中心にいた宗さん。

今では、そういう話もできる。

誰かをいい方向に傾ける一つの奮起材料にでも僕はなれればいいと思ってるし。

その中で誰にも負けないように自分のやり方で自分らしく前向きにやっていこうと思う。

僕は、

—Go my own way(我が道を行く)—

ではでは  また( ´ ▽ ` )ノ



pagetop